「Oslo(オスロ)」公式サイト|坂本昌行主演

CAST

坂本昌行

坂本昌行SAKAMOTO MASAYUKI


MESSAGE

 ちょうど僕がニューヨークに行っていたときに上演されていたのがこの「Oslo(オスロ)」で、とても話題になっていたのを覚えています。題材になっているオスロ合意に関してはニュースでしか知らなかったので、色々と調べていくうちに、様々な背景がある作品にお声がけいただいたんだなと改めて認識しました。当時の新聞記事に「忍耐と信頼」とありました。僕らも良く使う言葉だけれど、実際に経験された方から出る、重みを感じます。人が動くことで国をも動かす大きな話ですが、その人物の根底にある、軸にあるものを表現できたらと思います。
 河合くんとは、作品で共演するのは今回が初めてです。同じステージに立ったら、当たり前のことですが、先輩後輩は関係なく、一役者として向き合いたいので、自由にやって欲しいですね。
 舞台上で生きる、生でストーリーが展開していくというのは、唯一無二の機会だと思います。その喜びを感じながら、この作品のストーリーをお客さんにお届けできたらと思います。

PROFILE

1995年、V6のメンバーとしてデビュー。音楽活動、バラエティ、また俳優として舞台・TVドラマ等、マルチな活躍を続ける。2017年、第24回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。近年の主な出演作に、【舞台】「TWENTIETH TRIANGLE TOUR」シリーズ(17、19)、ミュージカル「TOP HAT」(18)、「君が人生の時」(17)、ミュージカル「MURDER for Two」(16)、ミュージカル「ON THE TOWN」(14)【ソロコンサート】「ONE MAN STANDING」(16、19)など。「ノンストップ!」(フジテレビ系)毎週金曜日「One Dish」コーナーにレギュラー出演中。
安蘭けい

安蘭けいARAN KEI


MESSAGE

 このような作品に呼んでいただき大変嬉しく思っています。この作品の世界観を表現できるよう、よりわかりやすく伝えられるよう、世界の情勢も学びながら、稽古場で話し合いを重ねて作っていきたいです。遠く離れた国に起こった実話で、なかなか馴染みのない話かもしれませんが、坂本昌行さん演じるテリエと私の演じるモナという夫婦の、ふたりで世界を変えようと一歩踏み出した“信念”の物語でもあります。国や世界という大きな話ではなくとも、自分ではなく人のために、という想いはきっと皆さん持っていらっしゃると思います。ぜひ劇場で、同じ時間を共有しながら、彼らの熱い想いを一緒に感じてください。

PROFILE

1991年宝塚歌劇団に首席で入団し、06年星組男役トップスターに就任。09年退団。退団後も、舞台を中心にライブコンサート、TVドラマ出演等、幅広く活躍する。「サンセット大通り」「アリス・イン・ワンダーランド」の演技に対して、第38回菊田一夫演劇賞受賞 。近年の主な出演作に、【舞台】ミュージカル「ビリー・エリオット」(20)、「inseparable 変半身」、「HAMLET —ハムレット—」、「マン イスト マン」(19)、「民衆の敵」「レインマン」「リトル・ナイト・ミュージック」(18)【TVドラマ】「危険なビーナス」(TBS・20)など。
福士誠治

福士誠治FUKUSHI SEIJI


MESSAGE

 歴史的にこういうことがあったと演劇を通して知っていただけることや、立場の違う人たちが色々な感情をむき出しにしながら良き答えを導き出そうと繰り広げる討論、会話劇はとても魅力的で、刺激的な舞台になると思います。難しく考えずに、劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。キャストの皆さんとの関係性、人間性の化学反応も楽しんでいきたいです。
 舞台が出来なかった期間を経て、演劇をライブでお客様に届けるという行為が、とても贅沢な時間だと改めて知りました。来ていただくからには、非現実の世界を味わって楽しんでいただきたいと思います。僕もあまりプレッシャーに感じず、キャスト・スタッフとともに楽しんで、挑んでいきたいです。

PROFILE

2002年、TVドラマ「ロングラブレター 漂流教室」(CX)にてデビュー。TVドラマ、映画、舞台、音楽活動など精力的に活躍し、16年には舞台「幽霊でもよかけん、会いたかとよ」で演出家デビューする。近年の主な作品に、【舞台】「忘れてもらえないの歌」(19)、「氷艶hyoen2019-月光かりの如く-」(19)、ミュージカル「スリル・ミー」(18-19)、「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」(18)など。21年1月に初主演映画「ある用務員」が公開、舞台「おっかちゃん劇場」演出・出演、21年4月にミュージカル「スリル・ミー」出演を控える。
河合郁人

河合郁人KAWAI FUMITO


MESSAGE

 台本を読み進めていく中で、セリフの量はもちろん、長セリフが数多ある事に驚きました。しかも二役。二役とも交渉を行っていくという責任感のある役ですが、実際の生活では経験したことが少なく、使う事の少ない言葉も出てきますが、僕の役どころ、キャラクターを考えると、明るく出来るのかな、と想像しています。あまり硬くなりすぎずに、決めるところは決める、というのを出せたらいいなと思います。
 また、坂本さんという舞台界において一流の先輩とご一緒できるのも心強いです。これまでミュージカルや舞台で沢山経験されたお話を聞かせて頂き、近くで勉強したいと思います。
 今年に関してですが、生で演じる舞台でお客様がいらっしゃると嬉しい、楽しいというよりも、観劇しに来て下さると"安心する"と今年の舞台では感じられました。観に来られる方にも、安心して楽しんで頂ける様に努められればと思います。

PROFILE

2012年、A.B.C-Zのメンバーとしてデビュー。コンサート、舞台、バラエティなどで注目を集め、19年に舞台「トリッパー遊園地」で単独初主演を果たす。近年の主な出演作に、【舞台】ABC座2020「オレたち応援屋!! On Stage」、ミュージカル「天国の本屋」(20)、音楽劇「コインロッカー・ベイビーズ」(16、18)、【映画】「オレたち応援屋!! We are Oh&Yeah!!」(20)、【TVドラマ】「刑事7人」(EX・20)、「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」(NTV・20)など。「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(CBC・TBS系)に金曜レギュラーとして出演中。
横田栄司

横田栄司YOKOTA EIJI


PROFILE

1994年、文学座附属演劇研究所入所。99年に座員となる。舞台・TVドラマ・映画・CMなど幅広く活躍。2019年、第26回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。近年の主な出演作に、【舞台】「リチャード二世」、「デスノート THE MUSICAL」(20)、「リベリアン・ガール」、「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」、「オレステイア」(19)、【TVドラマ】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK・20)、「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻Season2」(BSテレビ東京・20)、「恐怖新聞」(東海テレビ、CX系・20)など。21年に映画「太陽は動かない」が公開を控える。
石田圭祐

石田圭祐ISHIDA KEISUKE


PROFILE

1976年、文学座附属演劇研究所入所。81年に座員となる。舞台やTVドラマ、また声優として吹き替えやテレビアニメ等でも活躍する。近年の主な出演作に、【舞台】「Op.110べートーヴェン「不滅の恋人」への手紙」、「黄昏」(20)、「カリギュラ」、「スリーウインターズ」、「いずれおとらぬトトントトン」、「プラトーノフ」(19)、【TVドラマ】「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」(EX・20)、【吹き替え】映画「アイリッシュマン」(19)、映画「モーグリ:ジャングルの伝説」(18)などがある。
那須佐代子

那須佐代子NASU SAYOKO


PROFILE

青年座研究所13期を経て、1989年から2013年まで青年座に所属。第47回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。シアター風姿花伝の支配人も務める。近年の主な出演作に、【舞台】「ミセス・クライン」、「リチャード二世」、「アルトゥロ・ウイの興隆」(20)、「終夜」、「チック」、「春のめざめ」(19)、「女中たち」、「まさに世界の終わり」、「ヘンリー五世」(18)、「THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE」、「クライムズ・オブ・ザ・ハート」、「春のめざめ」、「炎 アンサンディ」【映画】「どすこい!すけひら」(19)、「ひまわりと子犬の七日間」(13)、「おとうと」(10)など。【TVドラマ】「透明なゆりかご」(NHK・18)、連続テレビ小説「花子とアン」(14・NHK)など。
石橋徹郎

石橋徹郎ISHIBASHI TETSURO


PROFILE

1996年、文学座附属演劇研究所入所。2001年に座員となる。舞台・TVドラマ・CM等で幅広く活躍する。近年の主な出演作に、【舞台】「リチャード二世」、「黄昏」(20)、「モジョ ミキボー」、「どれミゼラブル!」、「アイランド」、「囚われのパルマ-失われた記憶-」、「チャイメリカ」(19)、【TVドラマ】NHK連続テレビ小説「なつぞら」(NHK・19)、「北海道150周年記念ドラマ 永遠のニㇱパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(NHK・19)など。
佐川和正

佐川和正SAGAWA KAZUMASA


PROFILE

2000年、文学座附属演劇研究所入所。05年に座員となる。舞台を中心に、映画・TVドラマ、吹き替え等でも活躍する。近年の主な出演作に、【舞台】「餌」、「オレステイア」、「寒花」(19)、「鯨」、「再びこの地を踏まずー異説・野口英世物語ー」、「岸 リトラル」(18)、【吹き替え】映画「真実」(20)、ドラマ「レ・ミゼラブル」(NHK・20)、ドラマ「女王ヴィクトリア2 愛に生きる」(NHK・19)などがある。
チョウ・ヨンホ

チョウ・ヨンホCHO YONHO


PROFILE

新国立劇場演劇研修所第4期生修了。舞台を中心に、声優・ナレーターとしても活躍。近年の主な出演作に、【舞台】戯曲リーディング「リア王」、「アウトゥロ・ウイの興隆」(20)、「オレステイア」、こつこつプロジェクト「リチャード三世」、「Mann ist Mann」(19)、「The Silver Tassie 銀杯」、「オセロー」、「赤道の下のマクベス」(18)、「ペール・ギュント」、「トロイ戦争は起こらない」、子どものためのシェイクスピア「リア王」(17)など。
駒井健介

駒井健介KOMAI KENSUKE


PROFILE

2009年、文学座附属演劇研究所入所。14年に座員となる。舞台を中心に、TVドラマ・吹き替え等でも活躍する。近年の主な出演作に、【舞台】「HAMLET-ハムレット-」(19)、「The Silver Tassie 銀杯」、「オセロー」、「文学座俳優とバイオリンの共演による名作朗読」、「近松心中物語」(18)、「子午線の祀り」(17)など。
吉野実紗

吉野実紗YOSHINO MISA


PROFILE

2005年、文学座附属演劇研究所入所。2010年に座員となる。舞台を中心に、TVドラマ、吹き替え、CM等で活躍する。近年の主な出演作に、【舞台】「ガールズ・イン・クライシス」、「歳月/動員挿話」(20)、「一銭陶貨~七億分の一の奇跡~」、「ハーヴェイ」(19)、「これが戦争だ」、「消えていくなら朝」、「近松心中物語」(18)、「冒した者」、「中橋公館」、「怪人二十面相」、「食いしん坊万歳!~正岡子規青春狂詩曲~」(17)など。
相島一之

相島一之AIJIMA KAZUYUKI


PROFILE

1987年、東京サンシャインボーイズに入団。1994年までの全作品、また劇団活動休止後も三谷幸喜作品に数多く出演。舞台・TVドラマ・映画で活躍しながら、相島一之&THE BLUES JUMPERSとして音楽活動も行っている。近年の主な出演作に、【舞台】「ハロルドとモード」、「大地」、ミュージカル「フランケンシュタイン」(20)、「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~」(19)、【TVドラマ】「監察医朝顔」(CX・20)、「七人の秘書」(EX・20)、NHK連続テレビ小説「エール」(NHK・20)など。
益岡 徹

益岡 徹MASUOKA TORU


PROFILE

1980年、仲代達矢氏が主宰する「無名塾」へ入塾。圧倒的な存在感で、映画・舞台・TVドラマ・ナレーション等の幅広い分野で活躍している。近年の主な出演作に、【舞台】ミュージカル「TOP HAT」(18)、「奇跡の人」(19)、ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」(17・20)、【TVドラマ】「半沢直樹」(TBS・20)、【映画】「空母いぶき」(19)など。2021年に映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」、映画「シン・ウルトラマン」が公開を控える。
ページトップへ